Now Loading

サブロウ(富士若)

品種北海道和種(どさんこ)
年齢23歳
性別騸馬(せんば)
毛色栗粕毛
クラブに来る前鈴木敬三オーナーが所持
転用年数平成7年

 栗粕毛の小さい体のサブヤン、柏友会の馬たちのボスとして君臨して久しい。
性格は真面目で、女性や子供会員に人気が高く、黙々と任務を果たしている
さすがにここ数年衰えが見られるようになって身体も縮んできたように見られる
どさんこの特徴である右前肢と右後肢、左前肢と左後肢がペアになる「側対歩」が得意。
また、障害飛越に巧みであり、若い頃は競技会で見事な走行を見せ、観客から大喝采を浴びる人気馬でもあった。
阿部 豊さんの馬小屋で 平成29年1月1日の朝 老衰のため死亡しました。

サブロウ(富士若)

レオン(麗雄)

品種中間種
年齢20歳
性別騸馬(せんば)
毛色青毛
クラブに来る前吉田三千子氏が所持
転用年数18年8ヶ月

 ボス馬サブロウの一番弟子としていつも、うしろに付き従っている黒い青毛で、額から鼻面への流星が美しい。
身体は小さいが、母馬はアングロアラブ種であり、卓越したバネを秘めており、
大きなサラブレッドや中間種に互して競技会では見ている人たちを感動させるような見事な飛越を見せた。
日頃は女性会員や子供達背にサブヤンの後を追うように走っているが、サブがいない時は我が道を行くようなこともあり、乗り手の力量を試しているようなレオンである。

レオン

メイクイーン

品種サラブレッド
年齢9歳
性別牝馬(ひんば)
毛色鹿毛
クラブに来る前日高育成牧場
転用年数H22.5.10

 JRAの抽せん馬であったがお客がつかず、繁殖に回されて出産したが子育てを拒否したため乗馬用に柏友会の一員となった鹿毛馬である。
5月に入厩したので、即この名前が付けられたが名は体を表す、馬鈴薯のようにコロンとした体つきのイモネーチャンである。
子育てはダメでも、性格は温和で人懐っこい。額の星が目立つ愛らしい馬で、誰が乗ってもよく動く
だが、障害はあまり高いところは望めないように思われる。

ララルシール

品種サラブレッド
年齢9歳
性別牝馬(ひんば)
毛色栗毛
クラブに来る前追分ファーム
転用年数平成24年5月25日

 競走馬としての調教を受けていたが、喘鳴症(咽頭の病気、手術済み)のため競走馬としては不向きと判断されて、柏友会に頂いた。
栗毛の中格のサラブレッドのララである。 将来を嘱望されながら、目下再調教中であるが、性格は淑女で穏やかな扱いやすい馬である。

ララルシール

ムゲン

品種サラブレッド
年齢6歳
性別騸馬(せんば)
毛色黒鹿毛
クラブに来る前競走馬ゲンテン
転用年数平成26年12月27日
 平成26年暮にノーザンホースパークの広瀬氏によりお世話を頂き、本会に入厩した元競走馬(競走馬名ゲンテン)。
お母さんは南米アルゼンチンでのレースホースとして抜群の成績を修め、獲得賞金は8億円に上るとか。
出生してから母馬と共に日本に輸入され、外産馬として日本での競馬に出走したが、勝ち星を上げるに至らず、引退を余儀なくされ本会に繋養されることとなった。
 育ちの良さからか、人には従順ではあるが、馬に対しては勇敢に立ち向かい、
向こう傷をいっぱい作りながらも勝ち上がって、遂に半年程で王者サブロウからその地位を奪い取ってしまった。
 乗用馬としては、重厚な歩様を見せる一方、足捌きに器用さが見られず、足元を気にしないで置きバー等に蹄をぶっつけたり、躓いたりと不安定である。
バネはありそうであるが、瞬発力はあまり期待できず、今のところ障害馬への道は遠く険しそうであるが、馬場馬としてデビューできる日を目指して訓練に励む毎日を送っている。